カンボジアの技能実習生を受け入れるメリット

  • カンボジアから来る実習生

    • カンボジアは東南アジアにある発展途上国です。

      カンボジアの実習生の情報が欲しい方必見です

      近年では、産業の発展が比較的良好で、技術力も向上しています。


      先進国の優れた技術を学ぶために、カンボジアの実習生が日本に来ることも多いです。


      日本の企業で実習生として学びながら、仕事をしています。


      日本国内の企業にとっては、比較的安い賃金で雇うことができるため、積極的に雇い入れているところも多いです。

      カンボジアの実習生は、仕事ぶりが真面目な人が多く、企業の業績にも貢献しています。
      このようにして、東南アジアの国々から実習目的で来日する人の多くは、日本語を習得しています。
      自国でかなり努力をして日本語を学び、漢字なども書けるようになってから、来日する人が多いです。


      文字の読み書きだけでなく、聞いたり話したりすることも一通りできます。そのため、一緒に働く側としては、日本人とさほど変わらない接し方をして問題ないでしょう。ただし、地方の企業の場合には方言などを普段使うこともあります。カンボジア人の実習生の多くは、標準語で日本語を習得しているため、方言は分からないことが多いです。

      そのため、できるだけ標準語で話すようにするといいでしょう。



      そして、技術を十分に習得した後は、カンボジアに帰る人が多いです。
      日本で学んだ技術を自国の発展に役立てます。



      こうすることで、東南アジアの国々も豊かになって行くでしょう。

      また、在留資格を取得すれば日本に残って研究者として活躍することもできます。