カンボジアの技能実習生を受け入れるメリット

  • カンボジアからの実習生が学ぶこと

    • 禁煙行われている外国人技能実習生制度においては、日本国内の様々な産業の現場で東南アジアの若者を受け入れて様々な産業活動の体験を深めてもらうという取り組みが行われています。

      その様な外国人技能実習生の中にはカンボジアなどが含まれており、必要最低限の日本語の研修を受けてから来日する仕組みになっています。

      いわゆる外国人労働者としてではなく、生活の面倒を見る部分も含めてしっかりとした受け入れ態勢が整えられています。


      カンボジアからの実習生は日本の産業の現場で産業技術を学ぶことになりますが、それだけが全てではありません。
      日本の文化の中で日本人と一緒に働くということが、日本文化や日本語を学ぶことにもつながるため、将来のビジネスパートナーの育成にも大きく関連していると言われています。

      今では日本企業がカンボジアを含む東南アジア各国への進出を進めており、現地で協働するビジネスパートナーが必要になっています。

      日本で働くことによる外国人技能実習生としての経験は、様々な意味でカンボジアの若者の可能性を広げることにつながります。

      すごく便利なカンボジアの実習生のことならこちらのサイトにお任せください。

      そこで学んだ産業技術がそのまま生かされるとは限りませんが、日本で日本人と一緒に学んだことは将来必ず役立つと信じられています。



      この様な活動により国際貢献活動を推進し、将来のビジネスパートナーの育成に力を入れているというのが現在の外国人技能実習生制度によって東南アジアの若者に期待されていることの一つであると言えます。