カンボジアの技能実習生を受け入れるメリット

  • カンボジアの実習生を受け入れるメリット

    • カンボジアはタイとベトナムに挟まれている東南アジアの国で、国民のほとんどが仏教徒です。

      主な産業は漁業や農業、林業などで、自然との調和を大切にして生活しています。
      豊かな国ではありませんが、カンボジアの人達は真面目で素朴な人が多く温厚な人柄です。

      シャイなところがあったりして日本人の性格に似ています。

      日本の産業の知識や技術を学んで、自国に貢献したいと考えている実習生候補がたくさんいます。
      送り出し機関は簡単に言うと、実習生候補と日本の企業の仲介役をしていて、日本に技能実習生として派遣しています。


      受け入れる事は日本の企業にとってもいろいろなメリットがあります。
      カンボジアの技能実習生は熱心に働いてくれます。

      日本人スタッフがその姿に感化されれば、良い刺激になります。
      それだけではなく、カンボジアの業務や取引の拡大が出来る可能性もあります。


      さらに、技術を通してカンボジアへの国際貢献にもなります。

      カンボジアの実習生を手軽に利用してみませんか?

      受け入れる時にはいろいろ不安があると思います。



      例えば、日本語はどのくらい話せるのか、日本の文化や風習になれる事が出来るのかどうかなどです。

      送り出し機関では日本語教育やマナーなどを現地のスタッフがしっかり指導しています。
      なので、日本での生活もあまり不自由する事がありません。



      実習期間中も送り出し機関のスタッフから適切なアドバイスを受けているので安心です。


      日本で働きたいと思っている実習生候補はとてもたくさんいます。